コミック.jp

どのような業界で仮想通貨が使われているのか?

bitcoinオンラインカジノ

仮想通貨が注目を集める中、一体どのような業界で仮想通貨が採用されているのでしょうか。まだまだ一般的には馴染みのない仮想通貨ですが、いち早く仮想通貨を取り入れている業界もあるのは確かです。

仮想通貨は価格変動の激しさや国の通貨ではないことから、日常的に使用される場面はまだまた少ないのが現状です。しかしながら、今後、仮想通貨の採用が拡大する見込みがあると期待が高まっています。

実際、2021年にはエルサルバドルが、2022年には中央アフリカが仮想通貨(ビットコイン)を法定通貨として認め世界から注目を集めました。

では、仮想通貨を採用している業界はどこなのか?見ていきたいと思います。

仮想通貨はビジネスに使える?

仮想通貨はビジネスにおいて使用可能です。但し、価格の変動が非常に大きいことや、国発行の通貨ではないことから、まだまだ一般的には普及していません。

とは言っても、仮想通貨は送金スピードが早く国際送金にも対応可能であり、送金時の手数料が安い及び情報漏洩しにくいという利点があります。外国と決済する機会が多く、大金が行き来するビジネスにとっては仮想通貨は優れものと言えることは確かです。

しかしながら、先に述べたように価格の変動が激しいことや世界各国で法体制が整っていないという難点から見通しがはっきりしないのが実情です。

仮想通貨はこういった業界で使われている

仮想通貨は、オンライン上で買い物が出来るEコマース、エンタメ系で言えば動画、ゲームそしてはオンラインカジノ業界でも採用され始めています。オンラインカジノにおいてはビットコインを中心とした仮想通貨で賭けることが可能です。オンラインカジノ海外を楽しむ日本人プレイヤーも増えつつある昨今、プレイ時にビットコインを使用すれば円を毎回両替しなくてもそのまま使うことが出来るので、プレイヤーにとっては面倒な手間が省けます。また、直接入出金出来るという利点からビットコインを使用するプレイヤーも増加傾向にあります。そのうえ、現金を失うことがないので、仮想通貨を使えばエンターテインメントの幅も広がり、楽しむことができるというのも人気の一つと言えるでしょう。

 

他には、2022年以降「メタバース」という仮想空間を利用するユーザーも増えると予想されているため、同じ仮想にある金銭として仮想通貨が採用されると考えられています。メタバースとは、コンピューターネットワーク中に構築されたバーチャル空間の一種で、実際に商品を購入したり、人と話をすることが可能な空間です。仮想通貨は手数料が無料であることから、メタバース業界で通用する一つの通貨として使用されることが予測されているのです。

 

仮想通貨を使う企業はこれから増えていく!

仮想通貨はまだ始まったばかリですが、今後、ITの発達が益々進むにつれて、近い将来、仮想通貨も多種多様な業界及びビジネスで採用されていくことが予想されます。 日常生活に利便性を生かした新しい技術が浸透するのもそれほど遠くない未来と言えるのではないでしょうか。

コメント