【死亡確定】性の喜びおじさん(岩下竜二)死因の真相とデマ・犯人特定・生存説【殺された動画】

性の喜びおじさん
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「性の喜びおじさん」で知られる岩下竜二さんが、電車内で取り押さえられ死亡しました。盗撮されたのがきっかけで有名になり、盗撮が原因で死去するという。

性の喜びおじさんが、なぜ殺されたのか?死因の真相・犯人特定・生きている生存説やデマをまとめました。

【関連】

【死亡】性の喜びおじさんが汚言症・トゥレット症候群の病気の可能性大【発達障害】

スポンサーリンク

死亡した性の喜びおじさんとは【何者】

【字幕】電車でおじさんが「性の喜びを知りやがって」と激怒

性の喜びおじさんとは、2016年に、京王電鉄・井之頭線の社内で「性の喜びを知りやがって!」と、叫ぶ映像がTwitterで拡散され話題になっていた人物。病気の噂もあったが奇行は泥酔状態での発言だったという。

都内各地の車内で騒ぐ様子が目撃されており、テレビで取り上げられる。3月11日正午ごろ、東急田園都市線に乗車していると報告が相次いだ。

【性の喜びおじさんとは?】

性の喜びおじさんの本名

性の喜びおじさんの本名は、岩下竜二です。

性の喜びおじさん【死因の真相】

性の喜びおじさんが死因の真相は、3人のサラリーマンに取り押さえられ窒息死だという。ニュースサイトでは、以下の理由で死亡したと報道されています。

【性の喜びおじさん殺人事件】

東京・世田谷区の東急田園都市線の車内で3月11日、男性が暴れ、乗客に取り押さえられた直後に死亡した。

警視庁広報課によると11日正午すぎ、東急田園都市線上りの車内で50代とみられる男性が車内で大声を出していたことを、居合わせた乗客が注意。すると男性が激昂して、殴る蹴るなどの暴行を振るった。

その様子を見て、他の男性客が暴れる男性を押さえて、桜新町駅に下ろして2番ホームで取り押さえた。その後、突然、男性は意識を失い、午後2時43分に搬送先の病院で死亡が確認された。警視庁は男性の身元と死因の確認を急いでいる。

【動画】窒息死した性の喜びおじさん

性の喜びおじさんが死亡した写真を掲載したニュース動画。3人がかりで取り押さえられたら、窒息死する可能性は十分にあります。そこまでする必要があったのかと。

(フル)性の喜びおじさんが死亡した瞬間の映像

【デマ】性の喜びおじさんは生きてる【生存説】

性の喜びおじさんは生きているという生存説があります。おじさんと、取り押さえられている男性の服が写真で完全に一致。取り押さえられた男性が死亡していることから、性の喜びおじさんは生きていないでしょう。このことから生存説はデマということになります。

出典:https://citizen-journal.link

【犯人特定】性の喜びおじさんを殺したサラリーマン

性の喜びおじさんを殺した犯人は、彼を取り押さえたサラリーマン3人の可能性が高い。おじさんを窒息死させた犯人は現在も捕まっていない。

知恵袋から犯人特定

ヤフー知恵袋からの口コミでは、犯人は特定されていません。

ヤフー知恵袋

Twitterから犯人特定

Twitterからは、犯人はサラリーマン3人と特定。

Twitterの性の喜びおじさんのタグ

犯人の名前

犯人の名前は、特定されていません。

性の喜びおじさんの動画集

性の喜びおじさんが生存している頃の動画。生きている頃は、元気そうですね。

千鳥と性の喜びおじさん【動画】

【字幕】性の喜びおじさんがまた怒り狂う【Do it make love !!】

猫ダイビング大失敗

性の喜びおじさん ドローン少年ノエルを家に招き入れる編.mp4

ドローン少年 ノエル 性の喜びおじさんに嫌われていた

ドローン少年 ノエル 性の喜びおじさんに嫌われていた

【性の喜びおじさん】と【チョンマゲホスト】の人生対談①

【性の喜びおじさん】と【チョンマゲホスト】の人生対談①

【性の喜びおじさん】と【チョンマゲホスト】の人生対談②

【性の喜びおじさん】と【チョンマゲホスト】の人生対談②

性の喜びおじさん(仮)を押え付けて死亡させたサラリーマンは殺人罪か?

性の喜びおじさん(仮)を押え付けて死亡させたサラリーマンは殺人罪か?

性の喜びおじさんが死去!最期かわいそう過ぎるだろ

性の喜びおじさんが死去!最期かわいそう過ぎるだろ…

性の喜びおじさんのTシャツ

性の喜びおじさんのTシャツを購入する

まとめ

性の喜びおじんさんの死亡【死因の真相】に関して、解説しました。盗撮で有名になったが、盗撮のせいで死亡という可哀そうな最期です。岩下竜二さんのご冥福をお祈りします。

【関連】

【死亡】性の喜びおじさんが汚言症・トゥレット症候群の病気の可能性大【発達障害】

コメント